お受験に臨む際の心構え~「親子で」整えておくべき絶対に外せない心構えとは?

お子さんには立派になってほしい。子を持つ親なら誰でも願うことではないでしょうか。

子どもの学力低下、いじめなどが社会問題としてクローズアップされるにつけ、子供に良い教育をさせてあげたいと思うことは普通のことです。

そういった親にとって小学校のお受験は良い教育を、そしてより良い将来を描く上で一つの方法として確立しています。

 

なぜか?

■まずは有名大学への進学率の面。

例えば慶應義塾幼稚舎や青山学院初等部のようにエスカレーター式で大学までの道が確保されているところも多く、そうでない場合も質が高い教育を受けることができ、周りの子も学習意欲が高いため、勉学に励む環境が整えられています。

相対的に私立小学校を進んだ子の方が偏差値の高い大学へ進む子が多いようです。

 

■次に子供の意識の面。

お受験をするにあたりその準備は必要です。大学受験ほどではないにしろ、大変な努力が必要で、子供の考える力だけでなく、マナーや人間らしさ、優しい心を持っているかなど人間力を問われます。

そういったことを小さいうちから意識することは大人になってからも礎となり、大きな財産となります。

 

 

ではその準備はいつから始めるべきか。また、どういった準備が必要で、どのような心構えが必要かについてご紹介します。

■準備はいつから始めるの?

多くの場合、およそ一年前にあたる年中さんの秋ごろから本格的な準備を始めるケースが多いようです。
また、希望する小学校が一流のところであったりハードルがかなり高いところである場合はもっと早い期間からの準備が必要でしょう。

 

ただし、考える力だけでなく、マナーやしつけなども合否に大きく影響するため、そういった基本的な所作についてはもっと小さいうちからしっかりと教えておくのが良いでしょう。
面接時に、どの小学校も注意深く見ているのは親子関係です。

親子関係が不自然であったり(あまりにも子供に対し厳しすぎると子供は親から離れてしまったり怯えてしまったりします)、夫婦関係が不仲であるようだと、とても合格という春を迎えることはできません。

普段からピクニックやキャンプで自然と触れ合う機会を設けるとともに、親子の時間も大切にしてください。

 

■どのような準備が必要なの?心構えは?

基本的な入試の内容は、筆記試験に加え、口頭での質問に答える試験や運動、他の受験生と一緒にゲームをしたりする行動観察、お話や絵の記憶テストなどの組み合わせになります。

これらも重要ですが、面接も大きな合否を左右するテストの一つとされています。面接は親子で参加しますが、特に親についてもしっかりと見られています。そういった意味で、お受験は親子で戦うものだという認識が大事です。

 

お母さんだけがお受験に必死になって、お父さんは非協力的であったりすれば、面接ではすぐに見抜かれます。小学校のお受験を乗り切るには家族の一致団結が必須です。

 

一般的にはお受験のための塾に通い、そこで受験で必要な情報は得られますので、そこで教えてもらった内容を普通の生活の中で実践することになります。

例えば端午の節句についての由来を知るだけでなく、実際に兜を飾ったりちまきを食べたりするなど、体験を通じて学ばせることが大事になってきます。

 

お受験は長期戦でもあり、また、親子の絆が試されるものでもありますので、ゲーム感覚で色んなことを学んでいくことが子供のやる気を引き出させ、楽しく乗り切るコツと言えます。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ