関東学院小学校&精華小学校を受験~お受験スーツの体験談

横浜市内で男の子の小学校受験をしました。

通う予定の公立中学校の評判がとても良くないため、どうしても通わせたくなかったので小学校受験をしました。

 

近場の通学を希望すると横浜市内だけではどうしても男子の小学校受験は数が少なくなってしまいましたが、第一志望は関東学院小学校でした。しかしどうせ受験をするなら頑張って評判の高い精華小学校も受験してみようと思いました。

 

関東学院小学校は妹や知り合いの子が通っていたので、学校のイメージはつかめていたのですが、精華小学校はまったく知らなかったので、子供が年中の時に学校説明会に行きました。

 

その頃はまだお受験のこともあまりわからず、とりあえずダークスーツであればいいのかな、だけど6月の学校説明会だからスーツは暑いから嫌だなと思い、黒の半そでシャツとパンツ、5センチぐらいの黒いヒールに黒のジャケットを羽織っていきました。

カバンも普段使いのA4書類が入る黒いショルダーバッグでした。

会社勤めなら問題ない格好でしたが、学校説明会の場では私のような格好の人がほとんどいなくてちょっと恥ずかしかったです。

ママのお受験用スーツの選び方は?

 

他のお母さんたちは見事に濃紺のツーピーススーツ、装飾もほとんどなく、お化粧も控えめ、髪もまとめ髪が多かったです。

パンプスも同系色で低め、もちろん装飾なしでした。カバンもあまり入らない無地のハンドバッグです。

私の他にも、白いスーツでお化粧が派手目のお母さんがいたのですが、やはりちょっと浮いていました。授業参観では素敵で目立ちそうな格好なのですが、学校説明会ではそのような格好ではだめなようです。

 

実際、お受験をするまでこのようなお受験スタイルのスーツ、バッグ、靴は持っていなかったのですが、学校説明会に出席して、自分の持っている洋服ではだめだと思い、一式揃えました。

 

黒のスーツなら冠婚葬祭に後々でも使えそうでしたが、あまりにもみなさん濃紺でしたので、念のため濃紺のお受験スーツにしました。

特徴も見た目も同じようなスーツなので生地の良さぐらいしかアピールするところがないと思い、それなりの仕立てが良いスーツにしました。

バッグも靴も同系色で合わせました。ハンドバッグはほとんどなにも入らないので書類等をいれる補助バッグ、面接や学校見学の時に脱いだ靴を入れる靴入れも揃えました。

 

子供の授業料や受験代しか考えていなかったので、この出費には泣かされましたが、複数校受験すれば同じスーツでもばれないので元は取れると思います。

子供もお勉強頑張っているのに、お母さんの服装で判断されてはかわいそうですから、たかが服装ですが、それなりのものを自分に揃えてあげたほうがいいと思います。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ