お受験スーツの体験談~清潔感と誠実さを感じることの出来るスーツ姿で

自分には二人の息子がいます。長男が小学校に入学した際に、親である自分はどのような服装で行けばいいのか悩んだ経験があります。

そのような悩みを抱えた人はたくさんいることも理解しました。

自分の経験を踏まえ、子供の受験に向かう際にいやはどのような服装で行けばいいのかを考察しましたので、記載していきます。

 

第一に、小学校や中学校の試験ともなると、面接官は服装から学校に対する意気込み、敬意を感じ取ることができます。

何人も面接を行っているのですから経験もあるのでしょうが、家庭環境や親子関係なども感じ取ることもあるそうです。服装の選び方についてですが、父親であれば特段悩む必要性もありません。ごく一般的なビジネススーツであれば間違いないでしょう。

 

基本的にオーソドックスなスタイルで、スーツのカラーは紺かグレーが望ましいです。ヨレヨレになっていたり、擦れていたり、不潔感が出てしまっているものはNGと考えてもらってかまいません。

ワイシャツに関しても同様に、ノーマルで自己主張をしないような素材を選択しましょう。せっかくの子供の受験だからといって、親であるわれわれが目立つようなことをしても一切の無駄になってしまいます。

むしろ、変に目立ってしまうと家庭環境面で疑問視をつけられ、マイナスポイントになってしまう可能性も出てきてしまいます。

 

次にネクタイに関してですが、ノーマル生地を推奨します。

ノーマル推奨だからといっても無地にこだわる必要は一切ありません。上品なチェック、レジメンタルなどの種類でもかまいませんが、上記のように華美なデザインはさけたほうが無難だといえます。

 

結果として、清潔感と誠実さを感じることの出来るスーツであれば何も問題ないでしょう。服装面から見ても好印象ですし、人としてだらしの無いように思われなければ、子供の受験を左右してしまうことはありません。

服装のバランスも、家庭環境、家庭生活を反映させるものであり、トータルで見られているということを肝に銘じましょう。

関連⇒父親のお受験スーツはどんなのがいい?


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ