お受験スーツの体験談~日本女子大学付属豊明小学校

現在娘は8歳になりました。

日本女子大学付属豊明小学校の受験に合格して毎日楽しく通学しています。

日本女子大学付属豊明小学校を選んだのはやはり大学まである一貫教育をしてくれる学校で、周囲からの評判も良かったからです。

 

さて小学校受験の時の親の面接はやはりとても緊張しました。
当日の服装ですが紺色のスーツに立ち襟の白いブラウスを選びました。

 

OLをしていた頃はスーツで通勤していましたが、結婚して家庭に入るとスーツを着る機会もなく、持っている高級なスーツは全部独身時代の古いものでした。一応幼児教室に通う時もスーツを着ていきましたが、これは大手量販店で購入した安いスーツでした。

 

名門の日本女子大学付属豊明小学校となればやはりきちんとした仕立ての良いスーツが必要だと考えて、都内のデパートで生地や縫製がしっかりとしている紺色のスーツを探しました。

 

そして選んだのは上着が短めで膝たけまでのフレアースカートというデザインのものでした。
フレアースカートタイプを選んだのは私はどちらかと言えば童顔で背も小さかったからです。

 

本当はスカートがタイトになっているタイプの方が恰好よくてが好みなのですが、試着してみると何だか雰囲気が合ずに田舎者という姿になってしまいました。
そしてその紺色のスーツに合わせたのが白い立ち襟のブラウスでした。

 

丸顔の人が立ち襟を着ると余計に丸顔が強調されると言いますが、私の場合にはアトピーがあるので肌をなるべく見せたくないという理由があり、このデザインのものを選びました。

 

そしてアクセサリーは小粒のパールのネックッレスとイヤリングをつけていきました。

ストッキングは自分の肌の色より一色トーンが明るいものを選びました。本来はトーンが濃い方が足がしまってみえるのですが、清楚なイメージを出したかったので明るい色にしました。

 

今から思えばかなり保守的な恰好でしたが、他のお母様方も殆どの方がスーツで、やはり紺色が圧倒的に多かったように思います。
ただシンプルであれば余計に生地や縫製が目につくので、やはりちょっと高級な物を購入して正解だと思いました。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ