お受験スーツの体験談~大阪教育大学附属天王寺小学校その2

昨年長男が国立の大阪教育大学附属天王寺小学校をお受験し入学いたしました。

 

ここの小学校は、数年前から親子面接がなくなったので、親を見られることはありません。
かといって変に目立ってしまってはダメなので、皆さん無難なスーツを着てこられていました。

 

私立とは違い受験の人数も多く、学校の方針が気に入らなければ受験しないでください、という学校です。
まず7月末頃に学校説明会があります。

9割は、みなさん紺のスーツを無難に着て来られていました。
私は、半袖のワンピースタイプを購入しました。

どの方もアクセサリーは目立たないようにするか、付けていませんでした。
まず願書を取りに行くときは、12月なのとコートを脱ぐことはありませんので、皆さん比較的ラフな格好で行かれています。

 

願書提出は1月半ばなのでずいぶんと寒いです。しかし体育館で長時間座って待つので、コートを着たままでは不自然なので、皆さんきちんとしたスーツを着てこられていました。

 

私は、ノースリーブのワンピースとジャケットを着ていきました。
こちらは、ハッピークローバーというお受験スーツなどを多く取り扱うお受験専門ショップで取り寄せました。

中はしっかりとヒートテックの下着をきていました。
ブローチやアクセサリーは付けず、目立たないようにしていました。

 

1月末に行われる入学調査はとても寒いのに例年受験日当日は運動場で長時間並ばされます。
3年前から集合が体育館になったのでずいぶんと寒さがましですが、皆さんしっかりと防寒対策されています。

当日は、黒のコート、寒さ対策のために黒のタイツ、無難にローヒールの靴を履きました。
体育館に入るのに靴を脱ぐのでブーツを履いてこられている方もいました。

体育館の中は暖房がよくきいてのぼせるほど暑い場所があったり、入り口近くで寒い場所もありますので、コートで調整するのが良いと思います。
スリッパも無難に紺にして、こちらもハッピークローバーで取り寄せました。

 

試験中は、教室で待たされます。私は2日間とも最終グループだったので2時間以上待ちましたが、暖房が入っておらず寒い思いをしました。

国立は親の服装は全然見られないので、中にはえっ?と思うような格好をしてこられる方もいてましたが、目立つと良くないので、無難に紺のスーツが良いと思います。
1つ持っていれば、入学後にも活用できました。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ