お受験合格体験記~聖ヨゼフ学園小学校

我が家は一人娘ですので、きちんとした教育を受けさせてあげたいという非常に強い気持ちが夫婦でありました。

そのため、きめの細かい教育指導を行ってもらえるという点では私立小学校の選択が最もふさわしいと思われたので、幼稚園の年少の時に私立小学校の受験を決意しました。

 

どの私立小学校にするかという絞り込みの最低条件としては、住まいが横浜なので、娘が一人で通学する事を考えて

・通学時間があまり長くないところ、

・偏りのない男女のお友達の中で過ごして欲しいことから、なるべく共学校であること、

・詰め込みの勉強中心ではなく、小学校過程ではある程度ゆったりおっとりとした教育も行ってくださるような学校、

ということで近隣の私立小学校を一校一校調べていきました。

 

そんな中で、聖ヨゼフ学園小学校のアットホームできめ細やかな教育環境が整っているという校風が非常に気に入ったので、こちらを第一希望としてお受験準備を始める事にしました。

 

お教室は志望校別のゼミとして、聖ヨゼフの受験対策コースがある理英会というところにお世話になる事にしました。

こちらでは少人数で聖ヨゼフのお受験傾向やその対策についての一貫したカリキュラムが組まれており、行動観察や数、図形などのお受験対策や親子での模擬面接や願書の記入指導などの細かい指導をしていただけました。

 

娘がお教室に通い始めた頃は、独特の雰囲気に慣れておらず、集中があまりできなかったようで先生の行動指示にうまく対応出来ずに、泣き出してしまったり、お教室へ通うのを嫌がったりと一時期は結構大変でした。

ですが先生方もこういう子供を扱い慣れていらっしゃるので上手に娘の気持ちをほぐしていただいて、すぐにお教室が大好きになり、ホッとしました。

 

夏休み前までに、お受験に向けた総合対策がまんべんなく行われ、じっくりと基礎力をつけて夏期講習で更に応用力を身につけていくというカリキュラムでしたので、一人っ子でのんびりタイプの娘も楽しみながら実力をつけていく事が出来たと感じています。

親の私たちとしても初めてのお受験体験でしたので、かなり戸惑う事も多かったのですがお教室の先生方からの励ましのお言葉などをいただきながらきめ細かい親の心得などのサポートをしていただいたことで自身もついて、かなり気持ちも楽になりました。

 

夏が終わるといよいよお受験へ向けてのラストスパートという時期に入り、お教室もやや緊張感が生まれていました。

先生方のご指導にもより一層力が入るのが分かり、今までに培ってきた応用力を元にして、重点ポイントの最終確認が繰り返し指導されているという感じでした。

この時点で模擬試験結果もまずまずとなりましたが、ここで手を抜かずに弱点をしっかりと克服すべく対策をきちんと取っていただけた事も合格に繋がったのだと確信しております。

 

聖ジョセフは、本当に家庭的で面倒見の良い学校です。

母親のボランティアなど学校への出番も多く忙しい面もありますが、娘もこの学校を本当に気に入っており現在誇らしげに制服に身を包んで毎日元気に登校しており、良い選択をしたと心から感じております。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ