小学校受験の準備はいつから始めるのか?

小学校受験 準備 いつから

子供を小学校で受験させようと思っている親御さんは、いつから受験対策をするべきなのか気になることだと思います。

いろいろとまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

●平均的な受験準備

多くの家庭では年中の11月ごろから一年間をかけて受験の準備をするといわれています。
勉強だけでなく、大切なのは家庭のしつけです。

しつけは一年間だけではなかなか身につかないことなので、小さいうちから受験に関係なくきちんとしておくことが重要です。
そういう意味では、受験の準備はもっと早くから始まっているともいえます。

 

ただしつけは受験に関係なく子供を育てていく上で大切なことなので、合否に関係なく家庭教育のひとつとして行っていくとよいでしょう。

小学校の受験でよくチェックされるのが、箸の使い方、洋服のたたみ方、掃除の仕方など日ごろの生活習慣です。
日常的にできているのかをみられるようです。

 

また季節ごとの行事に詳しくなっておくことも大切になってきます。
端午の節句やひなまつりなど日本の文化に慣れ親しんでいるか、それがどういう意味で行われているかを知っていることで
子供の情操教育が培われていきます。

年中行事を知るという意味でも一年以上前から準備をしていくというのは大事になっていくのですね。

 

●受験生が身につけておくべきこと

小学校を受験する子供が身につけておくべきことはたくさんあります。

「話を聞く力」「思考力」「自分の考えを言葉で表現できる」「言葉のキャッチボールができる」「体験したことや感じたことを絵にする能力」
「季節の行事や昔話の知識」「苦手なことを我慢して頑張る力」「協調性」「子供らしさ」「挨拶」などです。

これらのことをしっかり身につけることが受験合格の大きな鍵となるのです。

 
●生まれたときから準備は始まっている?

先ほど一年前から準備をするとよいといいましたが、もっというならば早ければ早いほど合格率は高くなるといわれています。

なんなら子供を妊娠した時点で将来受験させる予定があるならば、そういった意識を持っておくと有利だということです。
子供の月齢や年齢に合わせたしつけや教育を行い、適切な知識と経験をさせてあげるのが大切なのです。

勉強だけでなく自然の中で遊ぶことでしか学べないこともたくさんあります。
親子で触れ合うことで学べることもたくさんあります。

子供が小さなうちから家族でたくさんの経験をし、きちんとしつけを行うことが一番の受験対策といえるでしょう。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ