お受験時の女の子の服装について

お受験 女の子 服装

お受験で面接などを受ける際、女の子はどのような格好がいいのでしょうか。

面接官に好印象を与えるお勧めの格好などはあるのかみていきましょう。

 

●学校訪問のとき

まずは夏に学校訪問があります。そのときは涼しげで爽やかな印象の水色、紺色などの清楚なワンピースがお勧めです。

靴はスニーカーよりはワンストラップなどの革靴を選ぶことで、きちんとした印象を与えることができます。
その際、白の靴下を履きましょう。

髪の毛が長い場合はきちんとまとめておくことが大切です。
そして髪の毛につけるアクセサリーなどは紺色だときりっと知的なイメージになります。

 

●面接のとき

基本的なスタイルは、白のシャツに紺やグレーのジャンバースカート、上から同色のボレロをはおります。
ブラウスはフリルやレースの少ないシンプルなものが最適です。襟の形は少し丸みのあるタイプが柔らかく見えるのでお勧め。

スカート丈はひざが少し隠れるくらいは上品でよいでしょう。
白の靴下に黒い革の靴を履くと全体のバランスが取れていいですね。面接官にはきちんとした清楚な印象の洋服が好まれます。

またハンカチやバッグなどの小物はキャラクターのものではなくシンプルで品のよいものを選びましょう。
髪の毛はきちんとまとめて、シンプルで目立ちすぎないヘアアクセサリーをつけると好印象です。

気温や天候に応じて、コートや雨具を用意する必要がありますが、こちらも紺色のものでそろえておくと間違いありません。

 

●行動観察のとき

動きやすく品のいい格好が求められますので、白のポロシャツに紺色のベスト、紺やグレーのキュロットスカートなどがお勧めです。
キュロットスカートだとかわいらしさと動きやすさを兼ね備えているので女の子にはぴったりです。

こちらもポロシャツの襟は丸みのあるタイプが女の子らしくていいですね。
靴下やスニーカーは白のシンプルなものにしておくと、爽やかで清潔な印象になります。

 

いかがでしたでしょうか。

色は基本的に紺色かグレーを着用する方が多いようです。
大切なのは清潔感と上品な雰囲気ではないでしょうか。

お受験用の女の子の服装では、ファミリアをはじめ、ミルフィーユ、ラルフローレン、バーバリーなどのブランドが人気です。
お母さんのスーツも同じブランドでそろえるという方も多いようですよ。親子で統一感が得られるのでいいですね。

学校によっては好まれる格好が多少異なりますので、きちんと下調べしておくことも大切になります。

関連⇒お受験で母親の髪型はどうすればいい?

 


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ