幼稚園からお受験させるメリットとは?

幼稚園 お受験 メリット

まだ小さいのに受験させるなんて・・とお思いの方もいるかもしれませんが

幼稚園から受験するにあたってのメリットがあるのです。
こちらを読めばあなたの考えも変わるかもしれません。

 

●一貫した教育理念

幼稚園を受験する一番のメリットは、教育理念がしっかりしているということです。
普通の幼稚園でも子供のことを考えた理念やカリキュラムがあり子供の成長を促しますが、小学校に上がるまでしかお手伝いができません。

それに比べて付属の幼稚園は、幼稚園のあと小学校、中学校、高校、大学と継続することができ、一貫した考えと理念を持って教育にあたることができます。

自分の子供に身につけてほしいこととその教育理念が一致しているのならば、幼稚園の小さいうちからそので教育を受けるというのは強みになります。

 

●倍率の違いと子供の負担の軽さ

幼稚園から入る場合と小学校から受験して入る場合とでは、同じ学校でも倍率の差があるところもあります。
多くの場合は幼稚園のほうが倍率が低く入りやすいです。

また小学校受験に比べると、子供が小さいため勉強などはあまり考慮されず面接の比重が高くなるため、子供の負担が少ないというメリットがあげられます。

幼稚園の受験をする子供というのはまだほんとに小さく、まだ自分が何をしているのかよく理解していないままの子もいることでしょう。

万が一失敗してしまったとしても、親が極端に落胆しなければ特に本人が傷つくということはほとんどないと考えられます。
それに比べると、小学校を受験する子供はある程度の準備期間が要りますしそれなりの負担やストレスを感じるかもしれません。

 

●その他のメリット

小学校受験のための経験のひとつとして、幼稚園を受験するという方も結構いるようです。
ある程度流れやノウハウとつかむことで次へと生かせるのですね。

また幼稚園に合格して入園したあとも、園自体が小学校受験への理解があり、行事などが配慮してもらえるなどがあります。
受験用の教室に通うために短めの保育時間となっており、園が小学校受験へのサポートをしてくれるようです。

 

いかがでしたでしょうか。
もちろんメリットだけでなく、費用が高い、内部試験がある、交際範囲が狭くなりがちなどのデメリットの部分もあります。
それもよく理解した上でお子さんの個性や意見を取り入れながら幼稚園受験を考えてみてください。


詳しくはこちら▼  ▼





サブコンテンツ

このページの先頭へ